読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブロ

マーブルレコードのブログ、略してマーブロ ~ 北九州からマンドリン情報を発信中!

タイムカプセルを開けてみれば

エトセトラ

今年(2016年)は私が所属する新日鐵住金マンドリン合奏団

創立70周年を迎えるということで、長年の合奏団の歴史が分かる

何か面白いものはないかと、以前より部室の倉庫を漁っていました。

ところが何度か部室が移転した時に古いものを処分したのか

パンフレットも写真もそんなに古いものは見当たりません。

歴史が長く団員が次々に入れ替わって成り立っている市民合奏団ゆえに

一貫して合奏団の歴史が管理されて来なかったのは少々残念に思います。

しかしそこは合奏団、演奏会の録音テープは一応保管されていました。

録音テープ

一番古いものは1968年(昭和43年)のもの。今から48年前です。

そのまま倉庫に永久保管、という選択肢もありましたが

見つけたのも何かの縁、思い立ったのも何かの縁、ということで

大量のカセットテープを家に持って帰りデジタル化することにしました。

ただCDに焼いただけではまた倉庫で次の眠りにつくと思われるので

気の向くままYoutubeにアップすることにしました。

www.youtube.com

音も良くないですし、演奏もプロ級とはいかないと思いますが

貴重な資料として関心を持ってくれたり懐かしがってくれる人がいれば幸いです。

 

********************

 

ということで夜な夜な四十数年前の世界に旅しているのですが

演奏以外の時間が案外面白いのです。

演奏会の始まり方(YSMOマーチが聴こえてきて、あっ緞帳が上がった?)、

演奏会前のアナウンスの文言(合奏団の説明をしてる!)、

アナウンサーの方の声の調子(抑揚の付け方が昔っぽい)、

曲間の調弦の様子(音出し過ぎじゃない?)、

服部正さんの挨拶!児玉久さんの声!、

演奏会後の大きな音とどよめき(誰かころんだ?)などなど。

演奏も指揮者がこの人でコンマスはこの人だから~などと考えながら

聴くと感慨深いものがあります。

 

今年は音源のデジタル化の作業を通じて合奏団の長い歴史を感じつつ

70周年記念演奏会を迎えたいと思います。

広告を非表示にする