読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブロ

マーブルレコードのブログ、略してマーブロ ~ 北九州からマンドリン情報を発信中!

リポート:九州大学マンドリンクラブ定期演奏会

リポート

マンドリンのコンサートの様子をお伝えするシリーズです。

大学のマンドリンクラブは春と秋に演奏会を行うところが多いようです。

今春、北九州近郊でもいくつかの大学の演奏会が行われていました。

今回はその中から九州大学の演奏会について、どーにゃさんのリポートです。

 

********************

 

九州大学マンドリンクラブ第148回定期演奏会に行ってきました。

(1stステージは間に合いませんでした。。。)

148回ってすごいですね。来年の春で150回。2020年は創部100周年!

今回のプログラムではアンサンブルステージが目をひきました。

実はアンサンブルステージは(知っている限りでは)これまでなかったのですが、

よくまとまっていたと思います。

(数曲は九大マンドリンクラブのメンバーが編曲されているとのことでした。)

2ndステージでは指揮者が指揮台から落ちそうになってかなりひやひやしました(笑)。

吉水さんの序曲は難しい変拍子でしたが、しっかりまとまっていてクールな演奏だったと思います。

交響的前奏曲コンマスのソロが秀逸だったと思います。トレモロがきれいでした!

マンドリン芸術を聴くと、さすが九大といった感じです。

冬の定演も楽しみになりました。

 

九州大学マンドリンクラブ定期演奏会

(文・写真:どーにゃさん)

 

********************

 

【参考】

九州大学マンドリンクラブ第148回定期演奏会

2014年5月24日(土) 18:00開演、入場料400円、ももちパレス

1st Stage
 サンタルチア幻想曲/C. G. Walter、交響的間奏曲「晩年に」/H. Lavitrano、
 アルテミシア序曲/D. Cimarosa

Ensemble Stage
 崖の上のポニョ久石譲となりのトトロ久石譲
 「猫の恩返し」より「風になる」/つじあやの
 「ハウルの動く城」より「人生のメリーゴーランド」/久石譲

2nd Stage
 時間の宝箱/丸本大悟、序曲/吉水秀徳

Main Stage
 交響的前奏曲/M. Travisiol、交響曲マンドリン芸術」/G. Manente

Encore
 喜歌劇「天国と地獄」序曲よりAllegro/Jacques Offenbach(遠藤秀安編)

広告を非表示にする