マーブロ

マーブルレコードのブログ、略してマーブロ ~ 北九州からマンドリン情報を発信中!

リポート:オルトレコンサート

マーブロの新シリーズです。

マンドリンの演奏会ってどんな感じ?行けなかったあのコンサートはどんな感じだったの?という方のために、演奏会を聴きに行った方や参加した方にリポートを書いていただくことにしました。

記事を読んでいろんな演奏会に興味を持っていただけると嬉しいです。

********************

初回の寄稿者はどーにゃさんです。

2014年1月13日に行われたマンドリンアンサンブルオルトレのコンサートについて書いていただきました。

********************

マンドリンアンサンブルオルトレの4thコンサート聴きに行きました。

4年前に結成され、福岡を中心に活動している若い団体ですが、メンバーも若いです。

指揮者、奏者ともにレベルが高く、「若さ」による勢いだけでなく音楽も洗練されているように感じました。

お気に入りの曲は武井守成の組曲「くだものの舞曲」(1948年 op.111)でした。マンドリンオリジナルで晩年につくられた曲で、それぞれのくだものの感じを舞曲にあらわしたそうです…なんというか、言葉では言い表わせない、不思議な感じでした。

知り合いの出演者に話をききましたが、仕事(転勤)などで練習はなかなか集まれないようです…それでも、あれだけの演奏ができるのは「すごいな」と感心しました。

パンフレットのデザインも素敵です。

オルトレパンフ

来年は5周年記念コンサートとのことで、どのようなプログラム・演奏となるのか楽しみです。

(文・写真:どーにゃさん)

********************

【参考】マンドリンアンサンブルオルトレ4th concert

2014年1月13日(祝) 13:30開演、入場無料、 あいれふホール

第1部: 小英雄/Manente、ミヌエット/ベルッティ

    歌劇「セビリアの理髪師」序曲/ロッシーニ

第2部: 果物の舞曲/武井守成、風の軌跡/小林由直

広告を非表示にする